FC2ブログ

しめやかにうち香りて(美女丸×マリナ)


お、終わったわ…。あたしだってやれば出来るのよ!
久しぶりの少女マンガ、読み切りだけど本誌に載せてもらえることになって、あたしは必死になって原稿をやり遂げた。
昔ほどジャンルに拘りはなくなって、どんな原稿でも描くのは遣り甲斐がある。細々とでも食い繋いでいけるのが嬉しい。
もちろん、婚約者として美女丸の家に居させてもらってるから、というのも分かってる。当主として仕事をしている美女丸の背中に追いつくのはまだまだだけど、雑草魂であたしはへこたれたりしない。
「ふぁぁ…。眠い…」
原稿も送ったし、蘭子さんがいつもより多めに用意してくれたおやつも食べた。
ちょっとだけ、ちょっと…だけ…。


…なんでこいつはこんな所で寝てるんだ。
仕事で何日か家を空けていたので、今日は早めに上がり帰ってみると、居間の机の下で小さくなって眠るマリナがいた。
頬に手を当てるとヒヤッとしていて、このままでは風邪をひいてしまう。
「蘭子、悪いがマリナの部屋に布団を敷いてくれ」
「あんれま、さっきやっとお部屋から出てらっしゃったんですがね」
マリナを横抱きにして部屋まで運ぶと、インクの匂いがする。
不器用なオレには昔みたいに手伝わせなくなったが、この匂いがうちに漂うのが当たり前の日常になったのは夢ではないか、と思うときがある。
腕の中の柔らかな温もりをいつも感じていられるのも。
布団に下ろし起き上がろうとしたら、いつの間にかオレの左腕の袖を小さな手が握りしめていて、離そうとしない。
「しょうがないな」
やれやれと思いながら、マリナの横に滑り込むと、気持ちよさそうに眠る吐息に釣られオレも目を瞑った。

…なんで美女丸の顔がこんなに近くにあるのかしら。
パッと目を開けたら、端正な顔をいつもよりも心持ち無防備にして眠る美女丸がいた。
あら嫌だ、あたし、いつの間にかお布団に運んでもらってたのね。
お腹もすいたし起き上がろうと思ったら、長い腕に腰を抱かれていて離れようとしない。
「お腹の音鳴ったりしたら、起きるかしら…?」
そうなるまでこのままでいてもいいかな、と目の前の、少し皺の寄った眉間をなぞってみた。
「お帰りなさい、美女丸」
慣れてしまった、美女丸の香りに包まれて、安心してまた眠った。



Fin
スポンサーサイト



ちょっとそこまで (美女丸×マリナ)

「え、マリナちゃん?さっき会ったよぉ。んーとね、あの木の枝の所にうちのユズが登って降りられなくなっちゃったの。まだ子猫だから。マリナちゃん、それ見て木登りしようとして滑り落ちてお尻打っちゃったから、ボクが登って下でマリナちゃんにユズを受け取ってもらったの。え、ボクえらい?えへへ、弾上の若様ありがとお。でもマリナちゃんも助けてくれたから、一緒に遠足の見学でもらったポテチ食べたの。あたし、散歩の途中だからってそのまま歩いて行っちゃったよ」

「あらまぁ、弾上の若様、こんにちは。あらやだよ、こんな婆に丁寧な挨拶してくれて。ああ、あのちんまいマリナちゃんなら、うちのピーちゃんに持ってたポテトチップス砕いてくれたねぇ。ピーちゃんと一緒に食べようとするから、買ってきた豆大福あげたら、頬張ったほっぺたが大福みたいになって笑っちゃったよ。え、餌付けするなって?ついついねぇ、あらやだ、眉間にそんなにシワ寄せちゃぁいい男が台無しだよ」

「おっ、弾上の若さん、またいい着物着てるねぇ。マリナを見なかったかって?ああ、あの娘なら、うちの婆ちゃんと縁側座って大福食ってたぜ。爺ちゃんの見舞いに行こうとする婆ちゃんに付いて行ってくれるって言って病院へ向かったけど。…あれ、そういえば今日って大事な日じゃなかったのかい?」

「うちのと一緒に見舞いに来てくれたあの子かい?花瓶の水を替えに行ってくれてるよ。見てくれは素朴な子だけど、あの娘は根性あるねぇ。大きい花瓶だから危ないっつってんのに行っちまったよ。…ちょっと若さん、見てきてやり…あ、行った」

「あ、あ、あ、…っび、美女丸!?あんたちょうどいい所に来てくれたわっ。もう少しで花瓶割るところだったわよ。
…ちょっと美女丸、なんでそんな今にも血管切れそうな顔してんの?お医者さんに診てもらう?今何時かわかってるのかって?始まるのは11時からだったで…、え、10時からだっけ?もううちの家族も来て、いっいやあああ担ぎ上げないで食べたもの出るもったいない!」
「悪い、佐藤さん。こいつ連れて帰るから、帰りタクシーに乗ってくれ。もう手配してあるから」
「あたしのことは心配しないでいいから、早く帰っておやり。祝いのときにすまなかったね」

「弾上の若さんに悪いことしちまったねぇ。これから結納だってのに、マリナちゃんったら大丈夫って言い張って付いて来てくれたけど…」

「美女丸、ごめんってばー。緊張をほぐすための散歩だったのよ…ぎゃあ痛い痛いせっかくのセットが乱れるじゃないのよ…ごめんなさいもうしゃべりません」
「何もかも済んだら、覚えておけよ。手打ちにしてやる」
「ああ、もうすぐ着きますよ。お二人とも、本日はおめでとうございます」
「ありがとうございますー。ほら美女丸もそんなにブスッとしてないでさぁ。せっかくお祝い言ってもらえたんだし、間に合ったんだしいいじゃないイテテテ」
「もうしゃべりませんって言った口はこれか…。塞いでやる」
「イーヤーこんな所で何すんのよぉぉ…ムグッ!」


「何にせよ、幸せそうで何よりだね…。お代はいいですよ、弾上の若さん頑張ってくださいね」


Fin


共に偲ぶ (美女丸×マリナ)

「何よ、ずるいじゃない!あたしにもちょうだい!」
あたしに背中を向けて縁側でひとりでいる美女丸にそう声を掛けると、冷酒を持った手を床に置き溜息を吐く。
「おまえな…、久しぶりに帰ってきて言うことがそれか?」
「ただいまー。取材終わったので帰ってきたの。だから労ってあたしにもお酒ちょうだい!」
「そんな紋切型の挨拶はいらん」
「まあまあ、いいじゃないの」
持っていた荷物を置いて、座っている美女丸の膝の上に乗ってやると、やれやれという感じで背中を抱き込まれる。
「あんたも大人になったわよね。昔ならそのまま立ってあたしを落としてたでしょ?」
「おまえと一緒いるようになって諦めというのも大切かもしれんと思うようになってな」
「さりげなく貶されてるわよね、気にしないけど」
1つしかないお猪口を、飲み干してはまた満たし、お互いに飲みながら静かに照らす月を見上げる。
「うふふーん、月が二重に見えるわよぉ」
「これは度数がきついんだ。これでもう止めとけ」
顎に手を回され、口移しに流れ込んできたお酒はとても美味しくて、酔いが急に回ってきた。
「1人で、亡くなった人たちを偲ばないでよ」
あんたのそんな背中、見てたくないのに。
「おまえが置いて行った不細工な茄子ときゅうりの精霊馬ならそこにあるぞ」
「あれ、なかなか上手く立たなくて苦労したのよ」
「割り箸差すだけだろ」
「不器用大魔王の美女丸に言われたくない」
「今のこの家には、おまえがいる痕跡があちらこちらにあるからな。1人で偲んでたつもりはない。第一今、おまえはオレの腕の中にいるだろう」
「明日、あたしもお墓参り行くわ。遅くなっちゃったけど」
「帰り、新しく出来た和菓子屋に寄るか。あんみつが絶品だそうだ」
「行きたーい」

甘いものの話聞いたから食べたくなった、と騒ぐあたしに甘い冷酒を載せた舌があたしの口を塞ぐ。
背中に感じる美女丸の体温が心地よくて、あたしは目を閉じた。


Fin

言の葉を紡ぐ (シャルル×マリナ)

夏も終わりかけのアルディ家の広い庭は日が暮れかけていて、なんだか寂しげ。
ゆるく吹き抜ける風も少し冷たくて、あたしは自分をギュッと抱きしめる。

遠くに見える夕日を、まさかこんなところで見ることになるとは思ってなかったわ…。

ざらざらと肌触りが良くない木の皮に頭を凭れ掛けさせ下を見ると、落ちたら打撲で済まないわよね、と思われる高さ。
そう、ここは鬱蒼と茂った枝と葉に覆われた木の上。

結構枝はあったから登れたのよ、あたしでも!
でもいざ下りようと思ったら上手く下りれなかったの…。
いくら頭に血が上っていたとはいえ、なんで木になんて登っちゃったのかしら。
ほら、あれ、目の前の木は登らずにいられない、とか言うじゃない?…あれは山か。
「愛する君のために」でガイがあたしを抱えて木に登ったことあったわね。あのときは下りるときもガイに抱き込まれて下ろしてもらったから良かったけど。
ぼぉっと遠くを見つめ現実逃避しているあたしの耳に聞こえた、聞き慣れたテノールの声。

「もう気は済んだ?」
下からガサガサという音がしたかと思うと、いともたやすく木を登ってきたシャルルがあたしの隣に座る。
「なんであたしがここにいるのが分かったの?」
「我がアルディ邸にいて、オレに分からないことなんてないよ」
「…あたし、怒ってるのよ?だって、せっかくフランス語の勉強にやる気出してるのにシャルルが止めるんだもの」
家庭教師のジャンと結構カリキュラムが進んでるのを喜んでいたらシャルルが止めるものだから、ついカーッとなっちゃったんだけど…あたしってこんなキャラだったかしら?
なんでムキになってるのか自分でも分からなくなってきて俯いて唸ってると、シャルルがあたしの方に身を屈めそっとキスしてきた。
思いがけず柔らかく触れる唇の感触に呆然としていると、小さく溜息を吐いたシャルルが離れあたしの額に手を当てた。
「マリナ、熱が出てる。自分でおかしいと思わなかったの?」
…うーん、そういえば、なんか頭…グルグルするかも…。
「こんな所でグズグズしてないでさっさと下りるぞ」
ひょい、とあたしを肩に担いだシャルルがスルスルと木を下りて、地面にシャルルの足が付いたのを感じた途端、あたしは意識を失った。


「…まさか知恵熱になるなんて思わなかったわ」
目が覚めたらフカフカのベッドに寝かされていて、傍にシャルルが座ってくれてたのが何だか嬉しかった。
「正しくは『心因性発熱』というけれどね。症状は体温上昇・倦怠感・集中力低下・イライラなどだ。さっき部屋に入ったとき妙に顔が赤いから勉強を止めてみればムキになって突っかかってきただろう?原因はそれだ」

シャルルは寝ているあたしの前髪を掻き上げ、額にキスをする。
「焦らないでいい。マリナのペースでいいんだ」
「…怒ってないの?」
「オレと一緒にいる為にしていることにどうしてオレが怒る必要がある?…ただし、もう木に登るのはダメだ。危ないし体が冷えてしまう」
「熱のせいよ、ちょっとおかしかったのよ…。やだわ、これぐらいで熱出すなんて年とったのかしら?」
「鬼の霍乱というやつかな?君の奇行はいつものことだが」
「なんか小馬鹿にされてるのはわかるわ。屈辱よ」
「おやおや、オレは君と他愛のない話をするのが好きなだけだよ」
「あたしだってそうよ?好きじゃなかったら熱出るまでフランス語の勉強なんてやらないわね」

口をとがらせてムクれてそう言ってやったのに、シャルルはふわりと微笑むから。
あたしは何をしても、ここにいていいのだと思えるの。



Fin

拍手コメントお礼

11/23 20:58 に「大阪オフ会のお知らせ」に拍手コメントくださった方へ

拍手コメントありがとうございます(*´∇`*)
そして、突然こちらへ移行してしまったため、ご迷惑をかけてしまい申しわけありません!
もし次回、ご都合が合えばお声掛けくださいまし(๑•̀ㅂ•́)و✧



11/25 19:06 に「梅田駅散策と猫カフェでオフ会☆」に拍手コメントくださった方へ

拍手コメントありがとうございます!
名前は知っていたけれど、行く機会のなかったお店に行けました(*´∇`*)
猫&フクロウカフェは仰る通り、本になったりと色々取り上げられているみたいです(ФωФ)
良ければ今度ご一緒しましょう~♡


Category: ★日記
»