FC2ブログ

ファム ファタル (火狩とマリナ)

懐かしい夢を見た。



「ちょっと、火狩、待ちなさいよ!歩くの早すぎるってば!」
ガサガサとうちの小学校の裏山の道を歩いている俺の後ろから、ぎゃあぎゃあと騒ぐ声がする。
「うるさいな、付いてくるって言ったのはマリナだろ。早く行かないと、すぐ暗くなるぞ。」
だんだんと道らしきものが無くなり、生い茂る草をかき分けながら、俺はちらっとマリナを見る。
「だって美味しい水が湧き出るところがあるんでしょ?そんなの独り占めなんてズルいわよ!うーん、出来たら美味しいおやつもあったらいいのになぁ。」
俺が作った道跡を辿りながら付いてくるマリナは、本当に小さい。
転校が多くて人懐こいとは聞いているけれど、こいつの怖いもの知らずなところは嫌いじゃない。
「・・・クッキーとキャンディを持ってきてるから、着いたらやるよ。」
ふいっと前を向いて俺がそう言うと、後ろから明るい声が聞こえる。
「やった―!火狩、早く行こう!」
ててっと走って俺のすぐ後ろに追いついてきたマリナから、ふわっといいにおいを感

じる。

草いきれと混じってそれはすぐかき消されてしまうけれど、俺の胸でトクンと何かが

鳴った気がする。

「・・・っ、おまえ、切り替え早すぎなんだよ!」

何かを誤魔化すかのようにぶっきらぼうに話すオレに、マリナがぶーっと膨れたけれ

ど、俺はそのまま歩き続けた。



「んー美味しい!夕日もキレイだしここって隠れ場所にぴったりって感じよねぇ。」

こくこくと湧水を飲み、少し開けた草むらに2人とも座ってクッキーとキャンディを食べ

て一休みしていると、マリナがしみじみとそんなことを言う。

「ここは俺が見つけた場所なんだから、誰にも言うなよ。本当はバラしたくなかったん

だから。」

「火狩ってそういうところガンコだよねー。」

「意思がかたいって言ってくれよ。」

俺がそう言うと、何がおかしいのかマリナがクスクスと笑う。

「何がおかしいんだよ?」

少しムッとして聞き返すオレに、夕日を背にしてマリナが後ろ手に手を組んで振り返

る。

「今日火狩とここに来れて良かったなーって思ってさ。」

「は?おまえ、何言って・・・。」

「きゃああっ!」

俺が問いかけるのとマリナの悲鳴が同時に起こり、足を踏み外したマリナが落ちて

いくのを見た俺はマリナに飛びついていた。




ツンと鼻をつく消毒液の匂いに意識が呼び起され目を開けると、そこに左腕をギブス

で覆われ三角巾で吊ったマリナの姿があった。

「火狩、目が覚めたのね。頭痛くない?」

「・・・いや、大丈夫だ。ここは病院なんだな。」

自分の体を見ると、細かい傷の他に右脚を骨折してベッドに吊られていた。

「火狩のお父さんは今先生の話聞きに行ってるわ。あんた、落ちたあたしを庇って川

に落ちて、気を失ったあたしをおんぶして学校まで戻ってくれたのよ。・・・面倒かけ

てごめんね。」

マリナの話を聞いてこうなるまでのことを思い出した俺は、少し溜息を吐いた。

「なんだかんだ言っても連れて行ったのは俺だ。マリナの立っていた場所がぬかるん

でいやすいのを知っていながら気を付けなかった俺が悪い。・・・怪我までさせてしま

ったな。」

「あんた、本当にがんこねぇ。」

ぽりぽりとマリナは自分の顔を掻いてから、俺を見る。

「・・・あのね、あたし明日引っ越すの。また転校するんだ。」

「え・・・。」

「だから火狩とあそこに行けてさ、良かったと思ってる。こんな怪我なんて気にする必

要ないわよ、あたしのほうがあんたを巻き込んでごめんねって思う。」

二の句が継げなくて黙ったままの俺に、マリナが小さな声で言う。

「・・・生きてればまた会えるから、いつかあたしを見かけたら相手してよね。あたしも

するからさ。」

「・・・オレに気付くのかよ?」

「わかるわよ、たぶんね。」




不思議と忘れられなかった、転校して行った彼女。

今まで色々な人と出会って来たのに、なぜか心の片隅にいた。

・・・きっと、初めて風を感じたのが彼女だから。



「・・・遼、起きたのか。もうすぐアメリカに着くぞ。」

飛行機のシートベルトを弄る親父の声に、自分がうつらうつらと浅い眠りに漂ってい

たことに気付く。

なぜこんな懐かしい夢を見たのか、自分でも解っていた。

日本を発つ前の飛行場で、遠くから彼女を見つけたからだ。

大きな眼鏡を掛けて相変わらず小さいマリナは、大きなスケッチブックを抱えていた。

ふっと顔を上げた彼女と目が合ったように感じると、右手を挙げ小さく手を振ってくれ

た。



『・・・オレに気付くのかよ?』

『わかるわよ、たぶんね。』




あのとき、気を失った彼女をおんぶしたときの体温を思い出す。

無意識に俺の肩をぎゅっと掴んだ彼女の手も。





俺に気付いてくれて、ありがとう。






俺も小さく手を振り返し、踵を返して搭乗口へ向かう。




恋に落ちたユメミと、風を運んでくれたマリナ。

俺には2人のファム ファタルがいる。





Fin








スポンサーサイト



ぬくもりをこの手に (高天×冷泉寺)

時系列では、書庫【創作 (銀バラ)】の「結晶が包まれるとき(高天×冷泉寺)」の前です。
でも、そちらを読まなくても大丈夫だと思います。





こつこつこつ、とオレの歩く音が静かに廊下に響く。

冷泉寺と待ち合わせした図書館の中の自習室のドアを開けると、珍しく閑散とした部屋の中で、机に座った冷泉寺の背中が見える。

「わりぃ、冷泉寺、遅れた・・・、あれ?」

図書館の中なので静かに声を掛けると(前に同じ状況で失敗して冷泉寺に鉄拳を喰らった)、冷泉寺は軽く腕を組んでうたた寝していた。

「あー、こりゃ目を覚ましたらおまえが遅いからだって叱られんな。」
頭をボリボリ掻きながら冷泉寺の隣に座ると、小難しい医学書に混じってスポーツ医学関連の本も積んである。

オレはそれを見て、ふっと笑みが口に浮かぶ。
自惚れかもしんねぇけど、別にかまやしないよな。オレのこと気にしてくれてんのかもしれねぇってさ。

周りに変に思われない程度に冷泉寺を見ると、いつもじっと見つめる澄んだ瞳が伏せられて、硬質な雰囲気が和らいでる感じだ。
本当にこいつは綺麗な奴だと思う。
愛想はないし、口調がはっきりしているが、とても繊細なところもあるのもオレは知っている。

長い付き合いの中で少しづつ知っていくこいつのことを、オレは忘れられなくなってしまった。
こいつはきっと、レオンのことをまだ想っているのだろう。

でも、それでもいい。
オレは、昔のこいつも今のこいつも、これからのこいつとも歩いていきたいんだ。





冷泉寺の伏せた瞼がぴくっと動き、そのままゆっくりと開かれる。
目の前にいるオレに一瞬びくっとするが、瞬時に状況を理解したのだろう冷泉寺は、きゅっと口を引き結んでオレを睨む。

「・・・貴様が遅いせいで少し寝てしまったじゃないか。」
いつものアルトの声音が擦れているのは、起きてすぐだからだろう。





ああ、なんだろうな。
こいつが欲しい。




「・・・冷泉寺。」
「なんだ?」
未だゆっくりとした口調で話す冷泉寺の手の指を、机の下できゅっと掴む。



「オレ、おまえが好きだ。」



ゆっくりと目を見開く冷泉寺が、オレの告白を理解して微かに頬を赤らめる。


何も急いではいないから。
だから頼む、オレと一緒にいて欲しい。





Fin



呼ぶ声 (シャルル×マリナ)

ふぅ、やっと原稿が上がったわっ!
あたしはトントンと描き上がったばかりの原稿を揃えると、日本へ送る準備をした。
この時代に未だ仕事のやり方がアナログなあたしだけど、これが性に合ってるのよね。

この間パリの朝市を取材したときのことを原稿にしたのだけれど、美味しいものがいっぱいあって楽しかったわぁ。
食い意地の張ったあたしの描くエッセイまんがは結構評判が良くて、食い繋げる程度に仕事が回ってくるのはホントにありがたいわ。

アルディ家にいる間は食べ物の心配はしなくてもいいんだけどね。食べる量は目を光らされてるけど。
え、誰にかって?聞かないでそんなこと。

冷めた紅茶で喉を潤おしていると、コンコンとノックがなる。


「マリナ、もうそろそろ仕事は終わりなんだろう?戻るぞ。」
珍しく早めに帰ってきたシャルルが、ネクタイ緩めながらあたしに宛がわれた仕事部屋に入ってきた。

「おかえり、シャルル!原稿上げたらお腹すいちゃったわ!」
「君にしては珍しく夕食がまだのようだね。明日雨でも降るんじゃないのか。」
「失礼ねっあたしだって仕事に集中してたらたまにはそんな事もっ・・・もが!」
ぶーぶー言い立てるあたしの口に、シャルルが何かを押し込んできた。
口に入れたものは食べてしまう習性のあたしは、ついもごもごと口を動かしてしまう。

バターとアーモンドの合わさった甘いホロホロとした食感。
「美味しい~、フィナンシェだ!」
「君の腹の虫を却って刺激しそうだけど、少し甘いものが欲しいだろう?根の詰め過ぎは良くない。」

もうひとつフィナンシェを口に持ってこようとしたシャルルの手からそれを奪い、パカッと半分に割ってひとつはあたしの口に、もうひとつはぴょんと飛び上がってシャルルの口に入れる。

目を瞠ったシャルルに、あたしはにっこり笑って言ってやった。
「あんただって根の詰め過ぎよ、ちょっと顔色悪いわよ?そういうときはご飯食べてお風呂入ってさっさと寝るの!さ、早くあんたの・・・あたしたちの部屋に戻りましょ。」

実はあたしは、自分の部屋というのを用意してもらってない。
仕事部屋は要望して用意してもらったけど、何せここに連れて来られたときは何も持ってなかったし(再会編参照)、寝室はシャルルと一緒にされちゃったから、そのままシャルルの部屋に居ついてしまった。
プライベートがなくて息が詰まるかというと、そうでもない。だってシャルルがここにいる時間が仕事で少ないし、いても発作を起こして考え込んでることもしょっちゅうなのでこっそりその姿をスケッチしてるくらいよ。


・・・なんだか色々言ってるけど、ホントはね、心配なのよ。放っておくとシャルルって無理ばっかりするしさ。不思議とあたしと一緒にいてぎゃあぎゃあ言ってると、不意にシャルルはホッとしたような顔をするの。


「おっなかすいたー、シャルル、行こう?」
あたしがててっと小走りになって先に廊下を走って行こうとすると後ろから、

「マリナ」

あたしを呼ぶ、シャルルのテノールの声が静かに響く。
くいっと手を引かれ、抱き上げられシャルルの形の良い薄い唇がそっとあたしのそれに触れる。
甘い、同じ味がする。

「・・・帰ってきたと実感出来るね。」

そう呟く、シャルルの声音は口中と同じく甘くて。
まるで番いの雄が雌に求愛するときのよう。

「お帰りのキスがまだだったものね。」
それにね、とシャルルの耳元で囁く。

「もっと呼んで、あたしのことを。」

シャルルの呼ぶ声が、ここにいる証。
あたしも呼ぶわ、あなたのことを。



Fin