FC2ブログ

リクエスト創作 「花篝」 (マリナシリーズ)

築城祭も終わり美女丸の家族のお葬式も済ませ、和矢の熱も下がったので館をお暇することを告げに行ったあたしは、離れのお義母さんの部屋を片付けている美女丸を見つけ、なんだか切なくなった。
「ああ、マリナか・・・。どうかしたか?」
部屋の前で佇むあたしを見つけ、美女丸がこちらへ振り返った。
「あ、あのね、あんたが今持ってるの何?」
なんだかお暇することを言いたくなくなったあたしは、美女丸が持っているものに気が行っているように話掛けた。
「これは夜桜に見るために焚く火を入れるものだ。ここで焚く火を篝火という。火を焚いて夜桜を観賞することを花篝というんだ。」

ダウンロード



「あ、知ってる!昔京都に住んでるとき円山公園に見に行ったもん。すっごい奇麗だったー!」
「花篝は祇園が有名だからな。全国を転校しているといいこともあるもんだろうな。」
「どこに行ってもお別れするときは悲しいもんよ。」
あたしがそう言ってる間も黙々と美女丸は片付けをしていると、気色悪い石が出てきて転がり庭に鎮座した。
「美女丸・・・・・・・・、それ、歯型の跡みたいじゃない?」
恐る恐る指さすあたしに、庭に下りて確かめた美女丸が、
「だとしたら、すごいあご力の持ち主だな。おまえといい勝負だ。」
あたしはそのまま彼にお尻を向けて自分の部屋へ帰ったけれど、シャルルと和矢に石を確かめに行かせ、せせら笑う和矢をぶん殴り、石が気に入らないというシャルルに同意を得てもう一晩泊まることにしたのだけれど。
その晩はなんだか落ち着かなくて、ふと思いついてスケッチブックを開いた。
集中して絵を描き、色も付ける。
それを夕食の片づけが終わり寛いでいる3人の所へ見せに行った。

42530375_p3.jpg


「昔見たの思い出して描いたの!真っ黒だった夜に篝火浴びて浮かぶ夜桜が本当に奇麗でね・・・。」
あたしが昔を思い出しながらそう言うと、美女丸がふむ、と腕組みしてあたしを見つめる。
「うちも春になれば花篝をやる。なかなか見応えがあるぞ。招待してやるから見に来い。」
「美味しいものもよろしくね!」
あたしがそうお願いすると、ぺしんと横にいた和矢に頭を叩かれる。
「おまえは食欲しかないのか?・・・でも、この絵はいいな。もう1枚描いてよ。」
神秘的な瞳を黒いくせっ毛の間から向けられて、あたしは胸がドキンとした。
「い、いーわよ!」
あたしがしどろもどろになってそう言うと、壁に凭れていたシャルルがひょいとあたしの絵を覗き込む。
「日本人は桜が好きだね。オレはゆっくりと桜を観賞したことはないけれど、一種幻想的である花篝を見るのはいいね。オレもその絵が欲しいからもう1枚描いてくれ。しかしマリナちゃん、君売れないまんが家にしがみ付くんじゃなく絵を勉強してもいいかもしれないよ?」
うう、褒められてるのか貶されてるのかわかんない。
なんにせよ、この絵が評判良くて良かったわ。
ぜひとも美女丸の家の花篝が見れたらいいな。

まぁこのあと白妙姫の呪いの石でえらい目にあうんだけどね・・・。
いつか、あのときの約束が果たされる日を願ってる。




Fin




こちらは朱夏さんからのリクエストです(*´∇`*)

マリナシリーズで、特定のカップリングものではないものが読みたいです。
雰囲気としては、ミステリーの頃のような。。
もちろんマリナは登場、あとはお任せします☆


とのことで、なるべくキャラがたくさん出ている方がいいな、と「愛いっぱいのミステリー」P236~P240あたりのお話にしました。
この機会に「愛いっぱいのミステリー」を読み返してみましたが、皆がキラキラしていて懐かしかったです(*´∇`*)

朱夏さん、リクエストありがとうございました♡




スポンサーサイト



2014 鈴影さんBD創作 「君といると」

可愛らしいけれど読みやすい文字が書かれたレポートを読み終えると、ぱさ、とそれをテーブルに乗せる。
「着眼点はいいけれど、どうしてそういう思考になったかの書き込みが浅いね。その点を踏み込んだレポートを再提示するように。」
「いつまでにしたらいいですか?」
「2日後に。」
「はい、わかりました。」
ほっ、と溜め息を吐いたユメミの様子に、軽く微笑んでしまう。
「宗教観というのは知らぬ間に覚えていることもあるからなかなか難しいこともあるけれど、何でも知り考察していくことは成長に繋がるよ。頑張って。」
オレがそう言うと、ユメミの頬に少し赤みが差し安心したような雰囲気になる。
「・・・はい!」
いつものロッジのテーブルでレポートをトントンと机に響かせていると、スパッと紙で右手の薬指の先に薄い切り傷を作ってしまう。
それを見たユメミが、躊躇いなくオレの指を口に含む。
思わず目を瞠ったオレに、ユメミも焦ったように指から口を離す。
「ご、ごめんなさい鈴影さん、つい双子にやるみたいにしてしまいました!あ、私絆創膏持ってますから付けますね!」
ゴソゴソとキュロットのポケットから絆創膏を出し付けてくれたが、何かのキャラクターが模様に付いていた。
「・・・・・。」
「うう、ごめんなさい、双子がクマモンだと大人しく付けたままにしてるので・・・。」
絆創膏すぐ貼りたがるのに、その割にすぐ取っちゃうんです。というユメミの困惑しきった顔に、ふっと唇に笑みが浮かぶ。
「貴女に手当てしてもらうなんて光栄だね。こういうイラストが付いた絆創膏も初めて見るよ。」
「うちの弟たちはまだ小さいですから、こういうキャラクター物は自然と私も詳しくなっちゃいます。冷泉寺さんが来たらちゃんと手当してもらいましょう。」
「大したことないから、このままでいいよ。」
「えっ、皆が見たあとのリアクションが恐いです。」
少しアワアワとしたユメミの声が響いたと同時に、ドアの開く音がする。

「うわっ、レオンの指が少女趣味になってる!ユメミだな。」
高天が目ざとく見つけてユメミを見る。
「もう、ヒロシったら!鈴影さんが指先切ったから持ってた絆創膏使っただけよ!そんなこと言うならおやつのクッキィあげないからね。」
プイと顔を背け給湯室に姿を消したユメミに、高天が苦笑いする。
「別にいいじゃねぇかよ、なぁ?」
「ああ、気にしない。」
後から来た光坂と冷泉寺もオレの指を見て何とも言えない顔をしていたが、特に気にせずにいた。


ユメミに指を舐められたとき、一瞬体の底が焼けつくような感覚に襲われそうになった。
だけどユメミのいつもと変わらぬ振る舞いに、心が凪いでいくのがわかった。
ユメミといると、今まで色がなかったような世界が色付いて見える。
それに気付けたのがとても幸せに思える。
このまま過ごすことが出来れば、もっと違う何かも見えてくるのだろうか。
楽しみだ。



Fin



Category: 2014 BD創作

リクエスト創作 「あなたといると」 (シャルル×マリナ)


こちらは、ハトさんからのリクエスト創作 「あなたといれば」 (シャルル×マリナ) のお話と繋がっています。

よろしければ、こちらからどうぞ。
         ↓
「あなたといれば」 (シャルル×マリナ)




「ねぇママン、パパとちゅーして。」
「・・・は?」
ど、どうしたのルナ!?
あたしの顔があまりにもびっくりしたものだったからか、ルナがぷーっとふくれて、もう一度大きな声で叫んだ。
「あのね、パパとママンがちゅーしないとダメなの!だって、パパと・・・ママン、ケンカしてるんだもん!」
そう言ってあたしに良く似た茶色の瞳に、大きな涙の粒を浮かべるルナ。
「ケンカダメよー、なかなおりよ・・う、うぇ・・・。」
お姉ちゃんのルナにつられたのか、エマまで大泣きし始めた。


あたしはちらっと向かいにいたシャルルに視線を合わせた。
シャルルも戸惑ったようにあたしを見ている。
・・・気付かれてたのね。


シャルルが泣いているルナとエマに近づき抱き上げると、
「・・・パパとママンは大丈夫だよ、何も心配しなくていい。」
ひっくひっくと泣く2人をあやしていたシャルルは、あたしにそっとキスをする。
シャルルからエマを受け取り、もう一度シャルルとキスをするとルナがシャルルに抱きついてまた泣き出した。
「心配かけて、ごめんね・・・。」
エマとルナが泣き疲れて眠るまで、シャルルとあたしは子どもたちの背を撫で続けていた。

「・・・子どもってよく見てるのね。」
エマとルナを寝室へ運ぶと、あたしは2人に掛布団を掛け直してあげた。
寝室の扉に身を預けていたシャルルも、小さく溜息を吐く。
「心配をかけてしまったな。しかし、子どもに言われるとずしんと来るものがあるものだね。」
「そうね・・・。」
なんだか気まずい気持ちになりながらぎゅっとベッドの縁を掴んでシャルルを見ると、寝室を出ていこうとするシャルルの背中が見えた。
「おいで。」
そう言ってシャルルは左手をあたしに差し出す。
あたしは自分の右手をシャルルの左手に絡めて、そのまま歩き出す。
「シャルル、ごめんね。」
「・・・オレも、悪かった。」
2人視線を合わせて、仲直りのキスをした。


すやすやと眠るあたしたちの娘たちが、起きてきたら安心しますように。



Fin



こちらは六花さまからリクエストいただきました(*´∇`*)


シャルマリで、以前のリクで書かれてたお子様がいるお話の後日談が読みたいです♡いつまでたっても新婚カップルのようなシャルマリ夫妻をお願いします!!(笑

夫婦なシャルルとマリナを書けて、楽しかったです(*´˘`*)♡

六花さま、ありがとうございました♡


2014 カミルスBD創作 「 luce 」

「まったく・・・、おまえは間抜けなのか健気なのかわからんな。」
寝所に横たわるマリナの額に手を当て、熱を確認する。
少し上がってきてるな。この丸薬を飲ませるか。
解熱作用もあるが睡眠効果もあるやつだから、ぐっすり眠れるだろう。
「・・・ちょっとガイウス、間抜けと健気を同一に並べるのがおかしいくらい、あたしでも思うわよぉ。」
熱でフラフラのマリナの口調も同じことになっているが、なんとか聞き取れた。
「カミルスの薬を用意して携えたと思ったら手が滑って池に落としそうになって、薬は陸地へ弾いたもののおまえが池に嵌まる光景はなんとも言えなかったな。」
「いいのよぉ、薬は無事だったんだからぁ。早く治して美味しいご飯食べたいわ。」
「はいはい、これを飲んで大人しく寝とけ。汗をかいてもいいように着替えは枕元に用意してあるから。」
マリナの半身を起こして丸薬を飲ませてやると、「苦ぁい・・・。」と言いながら顔を顰め、横になって少ししたら寝入ってしまった。
「マリナは寝たんだな。」
マリナを起こさないように静かに部屋に入ってきたカミルスが、マリナの顔に浮かんだ汗を布で拭き取る。
「ガイウス、あとはオレが看てるから、仕事して来いよ。だいぶ溜まってるんだろう?」
「ああ、そうさせてもらうかな。・・・おまえは大丈夫なのか。」
「オレはもう粗方準備はしてきたし、体調も落ち着いてるよ。あとはオレの女神が全快してくれるのを待つだけさ。」
そう言ってマリナを見つめるカミルスの表情を、マリナは知らない。
力なくシーツから出たマリナの手をぎゅっと握ってやるカミルスがどういう表情をしているか、カミルス本人も気付いていないのだろう。
「おまえ・・・、マリナと一緒にいて、大丈夫なのか。」
ぴくっ、とカミルスの後ろ姿が揺れるのが解る。

カミルスは復讐に身を注いでいる。
そして、マリナを心底愛している。
だけどマリナには、他に心を決めた相手がいて、カミルスもそれを知っている。
普段はマリナをからかうことで心情を悟られないようにしているけれど、マリナが気付いていないときのカミルスは、マリナのことを何とも言えない表情で見ている。
ただひたすらに、愛しいと。

「・・・マリナは、オレにとって女神であり、光でもあるんだ。」
全てを照らす光。
人は光失くしては生きられない。

「・・・照らす光が強いと、影も濃くなるんだぞ。」
おまえは、何もかも受け止める覚悟があるのか?

「オレの命と名に懸けて。」

そう語るカミルスの表情に、オレはやれやれと思った。
「ローマを取り戻したら、カズヤと決闘でもしたらいいさ。」
「ああ、そうするよ。」
「じゃあ、オレはもう行くよ。何かあるようなら呼んでくれ。」
オレはそのまま部屋を出て行った。


信念を心に刻み込んだ奴ってのは、何であんなに輝いて見えるんだろうな。
応援したくなるじゃねぇか。
まずはその原動力になるあいつの光をいつも通りにしてやらないとな。
オレは新しい丸薬の調合を考えていた。



Fin




Category: 2014 BD創作

髪 (思慕) 《シャルル×マリナ》

シャルルの髪は、サラサラしていて細い。
偶にだけれど、あたしが朝シャルルの髪を梳いてあげるの。

とても気を使うのよ。だって絡みやすいんだもん。
でもこの時間はゆっくりシャルルと話せるのよ。

「・・・あたし、シャルルの髪が好きよ。とても綺麗。」

それに、シャルルに抱きしめられたときにね、その白金髪があたしにかかる感触が好き。

一房掴んで、そっとキスをする。
あなたを思い慕う気持ちが届きますように。

立ち上がったシャルルが、その長い腕であたしを囲い込む。
「オレは、髪だけじゃない、・・・マリナが、好きだ。」

そう言ってシャルルは、あたしの旋毛にキスをする。


その感触が、いつまでも残りますように。



リクエスト創作 「réveillon」 (ミシェル×ジル)

創作(シャルル×マリナ)の世界観ですが、こちらだけ読んでいただいても大丈夫だと思います。
ミシェルとジルは恋人同士で、アルディ邸にいるという設定です。






「・・・遅くなってしまいましたね。」
本日最後の書類を仕舞って、軽く溜息を吐く。

「せっかくの24日なのに、仕事三昧の日にさせてしまって申し訳ないね。・・・君は明日実家に帰るのかと思っていたよ。」
ミシェルはそう言って、降り注ぐ雪の景色を腕を組んで窓から見ている。

「私は・・・、こちらにいます。今までもそうしてきましたから。」

シャルルの鏡をしていたころから、私はあまり実家に接点を持たなくなった。
フランスではノエルは家族で過ごすのが普通だけれど、私はここで過ごしていたかった。自分の役目を全うするには、そうするのが一番だと思っていたから。
今ではここにいるのが当たり前になってしまったけれど。

「じゃあ、・・・オレと過ごすか。」
窓辺にいたミシェルが、執務机にいた私の所へ向かってきて、私の前で跪く。

「オレと深夜の食事を取り、それからミサに出掛けよう。マルシェ・ド・ノエルへ行ってもいい。普通の人々が過ごす時間を、オレ達も過ごそう。」

オレはいつも1人でいたから。

ミシェルはあまり、昔のことを語りたがらない。
私も聞かない。
それでも、キューバを出てからの彼のことを思うことがある。
きっとミシェルも、私がここで過ごしていたときを考えているのだろう。

「ふふ、いいですね。迷子にならないように、つかまえていてくださいね?」
人がたくさんいますから。
2人、手を繋いで行きましょう。

私がそう言うと、ミシェルはスーツの袂から何かを取り出し、私の指にそっと触れた。
「joyeux noël」
そこにはさりげなく輝くダイヤの指輪があり、ミシェルがその指先にキスをする。
「・・・joyeux noël」
私も職務机の引き出しから、ミシェルへのプレゼントを取り出した。





Fin



こちらのリクエストは珠響さんからいただきました(*´∇`*)

今回はジルとミシェルのカップリングでお願いします(≧∇≦)
テーマは、ロマンチックに、、Xmas!
キャーキャー!耽美な2人のXmas、どんなんだろう、、。

この2人、ゆうちゃんの創作で読ませてもらったときに凄くしっくり来たんです。
どちらもシャルルとアルディに人生の舵を握られているところがあるからかな?

ジルにはジルの、ミシェルにはミシェルの過ごしてきた過去がありますが、一緒に過ごしていくことで新しい道程を刻み込んでいってくれたらいいなと思います。