FC2ブログ

爪先 (崇拝) 《シャルル×マリナ》

シャルルの大きくて指の関節の節々があまり目立たない手が、そっとソファに座ったあたしの足を持ち上げる。

「マリナの足の爪は短くて子供のようだから、そうだな、色は…桃色にするか」
しげしげとあたしの爪を見て言ったシャルルの言葉に、ついムキになってしまう。

「もう、子供みたいは余計よ!」
「形は悪くないけどね。陥入爪や外反母趾にでもなっていたらオレが治してやるところなんだが。」
「なんか体の端っこ痛めると治療してもらうとき痛そうでやだわ…。ジルもあたしの足の形はいいって言ってくれたわよ。」

派手じゃないベビーピンクのマニキュアを丁寧に塗ってくれるシャルルの顔を見下ろして、あたしはそっと溜め息を吐く。
「ふふ、なんだか贅沢ね。シャルル・ドゥ・アルディにこんなことしてもらえるなんて。」
「まったくだ。」
「シャルルがやってくれるって言い出したんじゃないの!」
「あまりにも不器用な君に見てられなくなってね。」
「あたしだってね、時間かけたら綺麗に出来るはずよ!…た、多分…。」
シャルルの冷凍光線は別に怖くないけど、人質(?)に取られているあたしの足が、逆らうと危険に晒されそうでこわいっ!

そうこうしているうちにラインストーンでキラキラと輝くお花を纏ったペディキュアが出来上がって、こんなことまで出来ちゃうシャルルにぐぅの音も出ないわ…。
「ありがと、シャルル」
悔しいけどすごく綺麗に仕上げられたペディキュアを見ると、なんだかあたしの足じゃないみたい。
そう思っていたらシャルルが足を持ち上げ、ペディキュアで彩られた爪先にキスをした。

「え、え?ちょっと、何?」
「…おまじない」
戸惑うあたしを見上げニヤッと笑うと、足の指の間を舐めた。
「ひゃあっ…!」
それはまるで夜を2人で過ごしているときと同じ仕草で、変な声が漏れてしまう。

「爪先に崇拝の意を込めて」

君からはオレに何を返してくれるのかな?
青灰色の瞳を煌めかせてそう問いかけてくるシャルルに、あたしは思いきり抱きついた。


Fin





スポンサーサイト



脛 (服従) 《高天×冷泉寺》

*ヒロシと冷泉寺さんが結婚しているという設定です。

*設定が苦手な方はご注意ください。








それは、急に来た。

「おい、貴緒、どうした?」
左足の脛を抑えて前屈みになった私に、宏が心配げに問いかけてくる。
「脛が、攣った…、悪い、リビングまで連れて行ってくれ。」
「解った。」
肩の下に腕を回して私を支えながら宏は歩いてくれ、そっとソファに座らせてくれた。
「どうしたらいい?」
「優しく、さすってくれ。少し落ち着いたら、ここを押して欲しい。」
膝の外側にある出っ張った骨の前の窪みから指4本分下がった所に足三里というツボがある。
「正座でもして脛を伸ばすのもいいんだが、今は苦しいからな…。」
宏のマッサージにより痛みが落ち着き、ホッと溜め息が出た。

「悪い、仕事が忙しくて水分不足になっていたのがいけなかったんだと思う。」
「それだけじゃないよな、奥さん?」
「…妊娠期間が中期から後期に移行してきて、胎児が鼠蹊部を圧迫してきて血行が悪くなってるのもあると思う。」
「無理はしないって約束だっただろ?次になったら問答無用で辞めさせるぞ。」
そう言って宏が撫でていた手で私の脚を持ち上げ、攣った脛にそっと口付けをする。

「…ああもう、そんな顔するなよ。やっと安定期に入っておまえの調子が戻ってきたんだから、オレだってわかってるよ。ちゃんと片付けておきたいってのはさ。でもオレにとっては、おまえと腹の子を一番に考えるのは止められないからな。」
「そうだな、…悪かった。仕事は引き継ぎも落ち着いてきたし、ゆっくりとこなしていくさ。」
「そうしてくれ。ああもうやりきれねぇよ、結局は先に惚れたもんが服従しないといけねぇんだよな。」

ガシガシと頭を掻く宏の首に抱きつくと、腹の子に響かないように抱き返してくれる。
「聞き捨てならないな、おまえだけがそうだと思うなよ?」

そんなのはお互い様だろうが。
耳元でそう囁いてやると、宏はニッと笑ってあたしを強く抱き寄せた。



Fin