FC2ブログ

言の葉を紡ぐ (シャルル×マリナ)

夏も終わりかけのアルディ家の広い庭は日が暮れかけていて、なんだか寂しげ。
ゆるく吹き抜ける風も少し冷たくて、あたしは自分をギュッと抱きしめる。

遠くに見える夕日を、まさかこんなところで見ることになるとは思ってなかったわ…。

ざらざらと肌触りが良くない木の皮に頭を凭れ掛けさせ下を見ると、落ちたら打撲で済まないわよね、と思われる高さ。
そう、ここは鬱蒼と茂った枝と葉に覆われた木の上。

結構枝はあったから登れたのよ、あたしでも!
でもいざ下りようと思ったら上手く下りれなかったの…。
いくら頭に血が上っていたとはいえ、なんで木になんて登っちゃったのかしら。
ほら、あれ、目の前の木は登らずにいられない、とか言うじゃない?…あれは山か。
「愛する君のために」でガイがあたしを抱えて木に登ったことあったわね。あのときは下りるときもガイに抱き込まれて下ろしてもらったから良かったけど。
ぼぉっと遠くを見つめ現実逃避しているあたしの耳に聞こえた、聞き慣れたテノールの声。

「もう気は済んだ?」
下からガサガサという音がしたかと思うと、いともたやすく木を登ってきたシャルルがあたしの隣に座る。
「なんであたしがここにいるのが分かったの?」
「我がアルディ邸にいて、オレに分からないことなんてないよ」
「…あたし、怒ってるのよ?だって、せっかくフランス語の勉強にやる気出してるのにシャルルが止めるんだもの」
家庭教師のジャンと結構カリキュラムが進んでるのを喜んでいたらシャルルが止めるものだから、ついカーッとなっちゃったんだけど…あたしってこんなキャラだったかしら?
なんでムキになってるのか自分でも分からなくなってきて俯いて唸ってると、シャルルがあたしの方に身を屈めそっとキスしてきた。
思いがけず柔らかく触れる唇の感触に呆然としていると、小さく溜息を吐いたシャルルが離れあたしの額に手を当てた。
「マリナ、熱が出てる。自分でおかしいと思わなかったの?」
…うーん、そういえば、なんか頭…グルグルするかも…。
「こんな所でグズグズしてないでさっさと下りるぞ」
ひょい、とあたしを肩に担いだシャルルがスルスルと木を下りて、地面にシャルルの足が付いたのを感じた途端、あたしは意識を失った。


「…まさか知恵熱になるなんて思わなかったわ」
目が覚めたらフカフカのベッドに寝かされていて、傍にシャルルが座ってくれてたのが何だか嬉しかった。
「正しくは『心因性発熱』というけれどね。症状は体温上昇・倦怠感・集中力低下・イライラなどだ。さっき部屋に入ったとき妙に顔が赤いから勉強を止めてみればムキになって突っかかってきただろう?原因はそれだ」

シャルルは寝ているあたしの前髪を掻き上げ、額にキスをする。
「焦らないでいい。マリナのペースでいいんだ」
「…怒ってないの?」
「オレと一緒にいる為にしていることにどうしてオレが怒る必要がある?…ただし、もう木に登るのはダメだ。危ないし体が冷えてしまう」
「熱のせいよ、ちょっとおかしかったのよ…。やだわ、これぐらいで熱出すなんて年とったのかしら?」
「鬼の霍乱というやつかな?君の奇行はいつものことだが」
「なんか小馬鹿にされてるのはわかるわ。屈辱よ」
「おやおや、オレは君と他愛のない話をするのが好きなだけだよ」
「あたしだってそうよ?好きじゃなかったら熱出るまでフランス語の勉強なんてやらないわね」

口をとがらせてムクれてそう言ってやったのに、シャルルはふわりと微笑むから。
あたしは何をしても、ここにいていいのだと思えるの。



Fin
スポンサーサイト