FC2ブログ

しめやかにうち香りて(美女丸×マリナ)


お、終わったわ…。あたしだってやれば出来るのよ!
久しぶりの少女マンガ、読み切りだけど本誌に載せてもらえることになって、あたしは必死になって原稿をやり遂げた。
昔ほどジャンルに拘りはなくなって、どんな原稿でも描くのは遣り甲斐がある。細々とでも食い繋いでいけるのが嬉しい。
もちろん、婚約者として美女丸の家に居させてもらってるから、というのも分かってる。当主として仕事をしている美女丸の背中に追いつくのはまだまだだけど、雑草魂であたしはへこたれたりしない。
「ふぁぁ…。眠い…」
原稿も送ったし、蘭子さんがいつもより多めに用意してくれたおやつも食べた。
ちょっとだけ、ちょっと…だけ…。


…なんでこいつはこんな所で寝てるんだ。
仕事で何日か家を空けていたので、今日は早めに上がり帰ってみると、居間の机の下で小さくなって眠るマリナがいた。
頬に手を当てるとヒヤッとしていて、このままでは風邪をひいてしまう。
「蘭子、悪いがマリナの部屋に布団を敷いてくれ」
「あんれま、さっきやっとお部屋から出てらっしゃったんですがね」
マリナを横抱きにして部屋まで運ぶと、インクの匂いがする。
不器用なオレには昔みたいに手伝わせなくなったが、この匂いがうちに漂うのが当たり前の日常になったのは夢ではないか、と思うときがある。
腕の中の柔らかな温もりをいつも感じていられるのも。
布団に下ろし起き上がろうとしたら、いつの間にかオレの左腕の袖を小さな手が握りしめていて、離そうとしない。
「しょうがないな」
やれやれと思いながら、マリナの横に滑り込むと、気持ちよさそうに眠る吐息に釣られオレも目を瞑った。

…なんで美女丸の顔がこんなに近くにあるのかしら。
パッと目を開けたら、端正な顔をいつもよりも心持ち無防備にして眠る美女丸がいた。
あら嫌だ、あたし、いつの間にかお布団に運んでもらってたのね。
お腹もすいたし起き上がろうと思ったら、長い腕に腰を抱かれていて離れようとしない。
「お腹の音鳴ったりしたら、起きるかしら…?」
そうなるまでこのままでいてもいいかな、と目の前の、少し皺の寄った眉間をなぞってみた。
「お帰りなさい、美女丸」
慣れてしまった、美女丸の香りに包まれて、安心してまた眠った。



Fin
スポンサーサイト



コメント

No title

はじめまして。kumiと申します。シャルルまりなが大好きで、いろいろなところを拝見していたときに偶然こちらに行き着き、ストーリーがとっても面白く毎晩更新がないかワクワクしながら読ませていただいています。特に今は、まりなと美女丸にドキドキしながら次もないかしら?ときたいしています‼これからも素敵な作品よろしくお願いします(*^^*)

2017/04/24 (Mon) 23:28 | kumi #Rc269I06 | URL | 編集
Re: No title

kumiさま、はじめまして。
コメントありがとうございます(´▽`*)
あまりこちらをチェックしていなくて、返信が遅くなり申し訳ありませんでした。
とても嬉しいお言葉、ありがとうございます!また創作していきたいです😊

2017/05/11 (Thu) 23:32 | ゆう #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する